Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員のメリット・デメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、好きな時間に働けるので、配達員が増えています。

報酬が週払い、自分のペースで働くことができるなどのメリットがあります。

そこで今回は、ウーバーイーツの配達員のメリットとデメリットについて紹介します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員のメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員の7つのメリットを紹介します。

  • 自分のペースで働ける
  • ストレスなく働くことができる
  • 報酬は週払い
  • 運動不足が解消される
  • 誰でも簡単に働ける
  • 人気店を見つけることができる
  • 服装や髪型は自由
  • 自分のペースで働ける

    Uber Eatsは、バイトのようにシフト制ではないので、自分のペースで働けます。

    ウーバーイーツのアプリを起動するだけですぐに仕事を受けられるため、誰でも簡単に始めることができます。

    稼ぎたい時に働けばいいので、20日間連続で働いて残りの10日はずっと休むことも可能です。

    ストレスなく働くことができる

    Uber Eatsは、自分一人で配達をするため、基本的にはストレスなく働くことができます。

    会社では上司や部下がいますが、ウーバーイーツには上下関係はありません。

    一人で孤独に働くことになりますが、ストレスになるようなことはほとんどありません。

    報酬は週払い

    Uber Eatsの報酬は週払いです。会社員やアルバイトの場合は、月末締めで翌月払いになります。

    ウーバーイーツは、次の週に振り込まれるので、来週にお金が必要な時には多めに働くこともできます。

    振込時に手数料を取られることもなく、仕事した分が払われます。

    運動不足が解消される

    Uber Eatsは、自転車や徒歩で移動するため運動不足が解消されます。

    健康的になるし、ダイエットにもなるので一石二鳥ですね。

    デスクワークしている人なら運動不足を解消できるのでおすすめです。

    誰でも簡単に働ける

    Uber Eatsは、身分証明書があれば基本的には誰でも働くことができます。

    会社員やアルバイトでは、面接があるのですぐに働くことができない場合もあります。

    ウーバーイーツは、面接はないのでどんな人でも働くことができます。

    人気店を見つけることができる

    ウーバーイーツでは、いろいろなエリアに配達することになります。

    配達中に行列ができているお店などを見つけることができる場合があります。

    また、友人やデートの時にこのお店の雰囲気はよかったので、食べに行ってみようと思うこともあるはずです。

    服装や髪型は自由

    Uber Eatsは、服装や髪型は自由です。

    基本的にはどんな服装や髪型でも大丈夫なので、動きやすい格好で働くことができます。

    会社員のように髪の色なども気にする必要がありませんが、清潔感がある方が良いですね。

    Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員のデメリット

    Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員の5つのデメリットを紹介します。

  • 収入が安定しない
  • 確定申告が大変
  • 事故の可能性がある
  • 夏と冬は大変
  • エリアによっては稼げない
  • 収入が安定しない

    Uber Eatsは、好きな時間に仕事をすることできるメリットがありますが、収入が安定しません。

    ウーバーイーツは、基本料金×ブースト+クエスト-手数料で報酬が決まりますが、短距離、長距離で報酬金額が変わるので収入は安定はしないです。

    ただし、配達する数を増やせばいいので、安定しなくてもたくさん配達すれば稼ぐことはできます。

    確定申告が大変

    ウーバーイーツを含めて20万円以上の収入があると、確定申告する必要があります。

    会社員やアルバイトでは、確定申告は会社が代わりにやってくれます。個人事業主として働いている場合は、自分でやることになります。

    ただし、最近は確定申告専用のソフトがあるので、使い方がわかればそこまでは難しくはありません。

    事故の可能性がある

    Uber Eatsは、バイクや自転車で配達するため、事故に遭う可能性があります。

    特に雨の日は滑るので怪我をするリスクが上がります。怪我をすると仕事ができなくなることも考えられるので、怪我の間はウーバーイーツでは収入を得ることができなくなります。

    ウーバーイーツでは、対人、対物賠償責任の保険や傷害補償制度があるので安心して仕事をすることができます。

    ただ、怪我をしなければいいだけなので、安全に配達することを心がけましょう。

    夏と冬は大変

    ウーバーイーツは、外に出て配達する仕事なので、夏は暑いし、冬は寒いです。

    暑さや寒さに弱い人は長時間仕事をするのは、大変な可能性があります。

    配達員が少なくなることもありえるので、時給が高くなることもあります。

    エリアによっては稼げない

    Uber Eatsは、基本料金×ブースト+クエスト-手数料で報酬が決まります。

    基本料金に含まれる受け取り料金、受け渡し料金、距離料金でもエリアによって異なります。

    関東と関西では、1件配達するだけで70円の差がでます。100件配達した場合、7000円も違ってしまいます。

    エリアによっては時給1000円以下の可能性もあります。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました